知れば納得、青汁や梅干しなど健康食品の秘密

健康食品雑学

おすすめ

??????

酵素の概要

酵素とは、人間の健康状態の維持のため…

続きを読む
サプリメント9

健康食品である高麗人参とは

高麗人参とは、生薬として用いられ、滋…

続きを読む
サプリメント11

クランベリーとは

クランベリーとは、ビタミンCが豊富に…

続きを読む

ニュース

2014/07/28
酵素の概要を更新
2014/07/28
健康食品である高麗人参とはを更新
2014/07/28
クランベリーとはを更新
2014/07/28
健康食品としてのフコイダンを更新
2014/07/28
健康食品におけるお茶とはを更新

表記

kenkou

健康食品という製品には、具体的な定義はない。
一般的には、健康の保持増進に資する食品全般のことをそう呼ぶことが多いとされている。
似たような表現をすることのある商品が日本には多いが、それらには行政から表記の許可が降りているものとそうでないものが有る。

明確に意味合いが違うのは、医品との違いである。
人間が経口摂取するものは、医品と食品以外にはないとされている。
そして、食品においては身体の構造や機能に対して変化があるような表記をしてはならないとされている。

ただし、行政が特にそういったニュアンスの有る表記をすることを認めているものもある。
それが特別用途食品や、特定保健用食品、栄養機能食品である。
この内、後の二つをまとめて保健機能食品と呼ぶことも有る。

これら以外の健康食品に属するものには、機能性食品を始めとして、栄養補助食品や健康補助食品などが存在している。
機能性食品などに関しては、保健機能食品に対して一般食品と呼ばれる分類とされる。
一般食品であるがゆえに、効果や機能の表示はできないのが特徴である。

これに対して、保健機能食品においては保険の機能表示や栄養成分の機能表示が可能となっている。
これに対して、保健機能食品においては保険の機能表示や栄養成分の機能表示が可能となっている。

選択

sukoyaka

健康食品を利用する際、注意すべきポイントはいくつかある。
例えば、成分の含有量を表記されていない製品には生産者側の管理体制が甘いというリスクが存在する。
含有量が表記されていない製品を分析すると、実際には成分が含有されていなかったということもある。
よって、成分量の表示がなされていないものは有効性や安全性が不明瞭である可能性がある。

また、実際に摂取するにあたっては心身に何かしらの悪い変化が起こる可能性がある。
そういったことがあった時に、販売元や製造元に問い合わせる方法が明記されているかは確認しておく必要がある。
食品衛生法において、製造者や販売者、そして輸入者に関する表記は必須である。
お客様相談室の設置が有るかなどとともに、注文前に確認すべき表記内容であるといえる。

注意

錠剤やカプセル状の健康食品摂取する場合、いくつか注意すべきポイントが有る。
まず、それ自身は病気を治療するためのものではないということである。
これを摂取することによって病気が治った、というような印象をあたえるような表記は事法違反となる。
ゆえに、そのような表記をしている製品は信頼性を疑ったほうが良いといえる。
また、病気を患っている状態であれば医師の診察を受け、適切な科学的根拠の有る診断を受けるべきである。
それを受けることを遅らせることで病状が進行し、回復が難しくなることにつながることも有る。
よって、病気の治療を目的として摂取するものではない。

また、妊婦や子供に対しては臨床試験を行うことが難しく、有効性が確認されていない。
同時に、リスクも確認されていない。
あくまでも、健康な成人を対象としたものであるということを理解する必要がある。

目的

健康食品摂取するその目的は、日常の食生活をバランスよく摂取することができない人が補助的に利用する点にある。
食習慣や生活習慣が変化した現代では、1日3食十分な食事が取れないことも有る。
本来ならば、その3食の食事のバランスによって必要な栄養素を吸収していたはずが、それが難しくなってしまった。
そういった人が、日常の食生活で足りない栄養素を補充するために利用するのが健康食品である。

原料

健康食品の原料となるものは、動物性の素材や植物性の素材が有る。
また、魚や天然物質や合成物質をベースに作られたものも有る。

いずれにしても、素材となるもの自体が健康的な状態であるかどうかが重要である。
商品の製造ルートがはっきりしている製品を選ぶのが良いといえる。

青汁などであれば、どのような地域、場所で作られているかが重要であるといえる。
原料の原産地に関して正しく表記されているもののほうが、信頼性は高いのである。
また、生育環境に関しても公開されている商品のほうが安心して利用することが出来る。
それは、植物性の製品にかぎらずどのような製品でも同じである。


関連リンク

料理にも使える!クランベリーの購入ならこちらがオススメです!|順造選